スポンサードリンク

2016年02月17日

確定申告 コーナー 画面

青色申告のメリットは色々とありますが、一番インパクトが大きいのが青色申告特別控除です。青色申告特別控除を受けるには確定申告の際に、複式簿記形式で帳簿を作成し、申告書類の貸借対照表も完成させておく必要があります。しかしそれだけ用意すれば65万円も控除が受けられます。パソコンの青色申告ソフトを使うのもいいですし、税理士の力を借りるのもよいですので、チャレンジするのがよいかと思います。収入金額とは、個人事業主やフリーランサーの場合は事業で得たお金のこと。不動産のオーナーであれば家賃収入のことです。

所得金額とは、収入金額から必要経費を差し引いた金額になります。課税所得とは、必要経費以外に所得金額から差し引くことができる所得控除をすべて差し引いた後の金額を指します。課税所得はその名の通り、課税するための税率などを決める基準になるものです。青色申告をするには、あらかじめ税務署へ「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておかなければいけません。また、青色申告をするのであれば簡易簿記もしくは複式簿記で帳簿を作成する義務があります。こうした手続きのめんどくささから青色申告を敬遠する方も少なくありません。

それでも青色申告はメリットだらけなので、取り組むのをおすすめします。


posted by 確定申告とは at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 コーナー 画面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

確定申告 申告書 提供

確定申告は所得税を納めるためにします。会社員の場合ですと、毎月支払われる給料から自動的に所得税が源泉徴収という形で天引きされているので意識することがありません。ですから自分でやる必要のあることは、年末調整のときに個人的に支払った生命保険や地震保険の額を年末調整用の用紙に記入して、支払い証明書と一緒に会社の経理担当へ提出する程度になります。確定申告の提出期間中は税務署がものすごく混み合います。特に3月に入ってからは確定申告の提出やら相談やらで人がごった返しています。スムーズに手続きを済ませるのであれば、早めに準備をして2月中には提出を済ませてしまうのが賢明です。

仕事が忙しくて税務署まで提出に行けない方や、書類の作成に慣れていて不備がないと思う方は郵送で提出も可能です。私は税務署の営業時間外に税務署の前に置いてある提出用ポストに投函してきました。確定申告はいつでも受け付けているという訳ではありません。毎年1月1日から12月31日までの所得を計算して書類を作成します。提出する期間は翌年の2月16日から3月15日までの間になります。平成26年のように3月15日が土日にあたる場合は、週明けの月曜日が最終提出日になります。

(平成26年の確定申告提出期限日は、3月17日(月)でした。)
posted by 確定申告とは at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 申告書 提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
確定申告とは」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。